【FUEL】Etherpartyとは?スマートコントラクトを手軽に作成・管理できるプラットフォームICO

2017年12月18日

仮想通貨のこれからを考えた時に、外せないのがスマートコントラクトです。

今回紹介するのはイーサリアムベースのトークンである、『Etherparty』です。

Etherpartyはスマートコントラクトの作成を専門的知識が無くても出来るようにするプラットフォームの作成を目的としたICOです。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Etherpartyとは?

Etherparty(イーサパーティ)はスマートコントラクトを簡単に作成できるプラットフォームの開発を目標としている企業です。

最近見つけた銘柄で面白そうだったので調べてみたんですが、かの有名な逆神ことイ○ハヤ神がブログで紹介していました。

もはや不安しか感じられませんが、逆神の呪いを受けずに成長してほしいところです。

基本情報

トークン名:Etherparty(イーサパーティ)
単位:(FUEL)
公開日:2017年10月
総発行枚数:10億FUEL
現在の流通数:4億8000万FUEL(執筆時点)
時価総額:約30億円(執筆時点)
公式HP(日本語対応):https://etherparty.com/
アルゴリズム:イーサリアム

トークンと仮想通貨の違いは、仮想通貨はあくまでも通貨であるのに対し、トークンはブロックチェーンを利用した株のようなものだと考えましょう。

詳細は以下の記事を御覧ください。

つまり、仮想通貨にはcurrency(通貨)タイプとasset(資産)タイプがあり、一般的にトークンと呼ばれるものはassetタイプという事ですね。

イーサパーティの通貨であるFUELは、イーサパーティのプラットフォームでスマートコントラクトを作成する際に使用します。

また、将来的にはイーサリアムだけでなく、ビットコインなどに搭載されるであろうRootstockによるスマートコントラクトなど、スマートコントラクト全般に対応していく予定のようなので、イーサパーティはスマートコントラクト技術と共に成長していく可能性があります。

スマートコントラクトの普及に貢献する

近い将来、更に値を上げていくと言われるイーサリアム。そしてイーサリアムで有名になった機能といえばスマートコントラクトですよね。

イーサパーティを評価する際には、スマートコントラクトに対する理解が必要不可欠です。

スマートコントラクトが何かわからない場合は、以下の記事などで理解しましょう。

スマートコントラクトは社会システムの様々な部分を効率化、自動化することが可能です。

ただ、スマートコントラクト自体は理解できても、それをどういう風に実用化レベルで社会に普及していくのか、というのは意外と想像しにくいですよね。

イーサリアムのスマートコントラクトを実用化・一般化していく為には、いくつかの課題がありますが、大衆化の為に必要な要素はやはり『専門的知識不要でスマートコントラクトが作成出来る事』でしょう。

現状ではイーサリアムのスマートコントラクトの作成にはGeth,Meteorといったアプリケーションをインストールしてプログラミングをする必要があります。

このプログラミングのプロセスや、その他専門的な知識の要求される作業をイーサパーティのプラットフォームが簡略化し、手軽にスマートコントラクトを利用・導入できるようになるわけですね。

イーサパーティのホワイトペーパー(google翻訳)には、以下のような記述があります。

グローバル規模での大量採用を実現するには、技術者ではないユーザーや非産業ユーザーが製品やアプリケーションにアクセスできる必要があります。 次のユーザーがブロックチェーンとスマートコントラクトテクノロジーを利用できるように、イーサパーティはこのようなツールを提供することにで、この分野においての先駆者となる予定です。

たとえば、誰もが電子メールの使い方を知っていますが、大多数がサービスプロバイダ、Gmail、Hotmail、Yahooなどを介してこの技術に精通しています。これらは誰もが使用雨していますが、ほんの一部のユーザーだけが開発者レベルでメール技術にアクセスします。業界では、Webサイト開発から文書署名までその他のさまざまな例が数多くあります。

 したがって、スマートフォンとスマート契約技術についても同様のケースが必要です。
イーサパーティはブロックチェーンとスマート契約技術を次のレベルに引き上げる立場にあります。

イーサパーティの目指しているものがどういったものなのか、なんとなく想像できますね。

イーサパーティのICOは信頼できるのか?

仮想通貨のICOがIPOに変わる資金調達方法として注目されてきた反面、クソみたいな詐欺ICOが氾濫しているのも事実です。

いい感じのサイトを外注して作り、ホワイトペーパーもいかにも凄そうな内容を羅列して、いい感じにオフィスで経営陣が「頑張ってます!」みたいな写真を載せたら、たまにブログを更新しとけば資金が集まってくるのがICOの実態などと皮肉られたりしています。

イーサパーティも海外掲示板の一部ではスキャム(詐欺)という意見もあるようですが、個人的にはよくある詐欺ICOではないと考えています。(今後成長するかは別として)

信頼できる要素としては、イーサパーティの母体である会社がThe Vanbex Groupであることです。The Vanbex Groupはブロックチェーンとビジネスを繋ぐコンサルティング等を行う会社で、EEAのメンバーでもあります。

EEA(Enterprise Ethereum Alliance)とはイーサリアムのブロックチェーン・スマートコントラクト技術の事業領域での開発・検討を行う団体です。このEEAには世界中の大手企業(日本企業ならTOYOTAやKDDI、三菱東京UFJなど)が参加しています。

画像はEEAの参加企業の一例です。マイクロソフトやインテル、JPモルガンなど誰でも知っている有名所が参加していますね!

また、公式テレグラムには3300名ほどが参加しており、(いい意味で)コミュニティもわりと賑わっています。アプリもしっかり作っているようですね。

ちなみに海外掲示板の情報だとCEOのケビンホッブズはコカインとマリファナに関連して、麻薬密売と生産に関する様々な有罪判決(カナダの最高裁判所)を受けているそうで、イーサパーティSCAM派から叩かれていました。(笑)

個人的には詐欺ICOではないと思っていますが、詐欺ICOの方が多いこのご時世ですから、正直なところscamでは無い!と断定する事もできません。(ごめんなさい)

自分でしっかり情報を集めて吟味することをおすすめします。

既にβテストが行われている

イーサパーティでは既に一般ユーザー参加のβテストが行われています。

βテストに参加しているのは現在1200人ほどで、参加者はプラットフォーム内でスマートコントラクト作成を行っています。

βテストのフィードバックを収集し、Etherpartyのプラットフォームはより使いやすいものに進化していくでしょう。

実際に製品としてのEtherpartyプラットフォームが存在してβテストが行われていることは、大きな評価ポイントだと思います。

詳細は公式ブログをご覧ください。

Whitepaperの概要

ホワイトペーパーをいつものようにGoogle翻訳を使いながら読んでみました。

私は技術的な知識は乏しいので理解できない部分もありましたが、わかった内容を紹介します。

FUELトークンの役割

FUELはイーサリアムのERC-20準拠のトークンで、イーサパーティプラットフォームを使用するためのアプリ内トークンです。

※ERC-20とは、イーサリアムのブロックチェーンを利用したトークンの技術仕様です。イーサリウムのコアウォレットであるMyEtherWalletで保管できるのが特徴で、多くのICOで利用されています。

FUELはイーサパーティプラットフォームにおいてスマートコントラクトの作成、セキュリティテスト、取引手数料など全ての費用に使用可能です。

プラットフォームで使用されたトークンは供給源に戻り、イーサパーティアプリ内でFUELを購入するサービスを提供することで循環します。

総供給量は10億トークンで、それ以上の増加はありません。

イーサパーティウォレット

イーサパーティウォレットはFUELを保管するためのプラットフォームウォレットです。

イーサパーティプラットフォームは、イーサパーティウォレットからのFUELトークンで作動するように設計されており、外部ウォレットからFUELトークンを送っても動作しません。

ですから、プラットフォームで使用する全てのトークンをイーサパーティウォレットに予め送っておく必要があります。

FUELトークンはMyEtherWallet, MetaMask, MistなどのERC-20互換ウォレットからイーサパーティウォレットに転送可能です。

FUELトークンは取引所から直接イーサパーティウォレットに転送することは出来ません。

Etherpartyはどんなアプリケーションなの?

例えるならば、イーサパーティはwebサイト製作におけるWordpressやWIXなどのCMSのようなプラットフォームを作っているとイメージして下さい。

そして最終的には、それに加えてLegalzoomやDocuSignのように、認証や自動化のためのインフラを整え、スマートコントラクト導入をシンプルで使いやすいものにしていく予定のようです。

イーサパーティの目標は、ブロックチェーンとWebアプリケーション、パブリックAPIなどを組み合わせた新しいソフトの開発です。

その1つの例として挙げられているのが、ユーザーがサーバーを通じてログインし、ブロックチェーン上でテスト及び展開が可能なスマートコントラクトを作成可能なWebアプリケーションです。

このアプリケーションでは、テストネット用とメインのイーサリアムネットワーク用の2つのイーサリアムノードを使用します。

これにより、スマートコントラクトを実際に利用する前にユーザーがテストを行うことが可能です。

また、将来的にはイーサリアム以外のスマートコントラクト(ビットコインのRSKなど)にも対応させていくことを目標としているようなので、イーサパーティはスマートコントラクト全般に使用できるプラットフォームになりそうです。

Youtubeにプロモーション動画があったので貼っておきます

イーサパーティの実用例

スマートコントラクトがこれから社会のどういう部分を変えていくのか?

これは皆さん気になるところだと思います。

ホワイトペーパーでは、以下のような説明がありました。

Etherpartyプラットフォームは、銀行や金融、貿易、医療、サプライチェーンマネジメント、保険、外国為替取引、不動産、デジタルアイデンティティなど、様々な業界を対象としたスマートコントラクトを作成します。

スマートコントラクトは、取引の摩擦を減らし、コストを削減し、データのセキュリティを強化する契約を自動化することによって、大きな利益をもたらすため、これらの業界による採用が起こります。

スマートコントラクトが様々な業界で実用化されていく時に、イーサパーティはプラットフォームとして企業に選ばれる事を目指しています。

また、ホワイトペーパーではスマートコントラクトの実用例をいくつか上げていましたので紹介します。

金融サービス

  • 従来の問題点
    当事者同士の支払い処理の管理は、矛盾やエラーの原因となります。 個人的な契約であれどビジネス契約であれど、ミスや書類の紛失の可能性があります。
  • スマートコントラクトによる解決案
    スマートコントラクトは、両当事者を明示的に機能するルールに結びつけ、不一致の可能性を排除します。イーサパーティは、契約の改ざんなどの脆弱性を確かめるためのセキュリティ機能によって、完全に信頼できる支払いプロセスを提供します。

金融業界では、スマートコントラクトによって支払い処理やエスクロー(第3者預託)の効率化が可能という事ですね!

製造業

  • 従来の問題点
    バリューチェーン(原材料の調達から製品・サービスが顧客に届くまでの企業活動)に複雑な条件があり、紙ベースのシステムに依存しているため、商品や情報を追跡するのに時間とコストがかかるプロセスです。 追跡を国際線で行う場合は、この問題はさらに悪化します。
  • スマートコントラクトによる解決案
    EtherpartyのエンタープライズAPIを使用すると、あらゆる情報システムをプラットフォームに統合することが簡易になり、合理化が可能です。 スマートコントラクトを作成する事で、すべての関係者データが単一の共有元帳(ブロックチェーン)に持ち込まれます。これは、より速く、より安全で、関与するすべての関係者にとってよりオープンになります。

製造業では主に流通データをブロックチェーンの技術で管理、連携することにより効率性、透明性、信頼性が高まると言われています。

クロスインダストリービジネス

  • 従来の問題点
    少人数での単純な賭けから、データ記録の維持まで、インターネットの商業的なやりとりはデジタル的な取り決めに変化しつつあります。
  • スマートコントラクトによる解決案
    スマートコントラクトとブロックチェーンテクノロジーは、契約違反やデジタル記録の真実性に対する懸念を緩和することができます。 適切な条件を設定することにより、イーサパーティはスマートコントラクトを作成しやすくなり、各当事者の約束どおりに契約を自動的に実施します。 さらに、スマートコントラクトは記録をブロックチェーンにハッシュ化して保管することができ、デジタルアップロードよりも信頼性が高まります。

スマートコントラクトの技術がクロスインダストリービジネス(異業種提携)において産業のデジタル化を後押しするみたいな感じだと思います。

従来では実現が難しかった異業種提携がスマートコントラクトやブロックチェーンの技術によって可能になったりするみたいななんかそんなんです。

 

Etherpartyの魅力は伝わった?

現在はICOのプレセールも終わり、価格も下がってきているので、下がりきったら買おうかなとか考えています。

私のような凡人にとっては、イーサリアムのスマートコントラクトが『世界を変えるすごい技術』とは知っているものの、それ以上の知識はありませんでした。

具体的にどう世界を変える技術なのか、それがどのように社会インフラを変えてしまうのかというのは説明してもらわないと分かりません。

ただこのスマートコントラクトという技術に、世界が注目していて、世界中の大企業が関心を示しているのですから、スマートコントラクトの時代が来るのは間違いないと思っています。

そしてスマートコントラクトが世界を変えるとするならば、イーサパーティのような存在がスマートコントラクトと共に成長していくのは凡人の私でもわかります。

それがイーサパーティかどうかはまだ誰にも分かりませんが笑

それはwindowsやmacといったGUIの登場によってコンピュータがギークのおもちゃから一家に一台の必需品となった時と同じような変革をもたらすのではないでしょうか?(言い過ぎか?)

とにかく私は、スマートコントラクトが当たり前になった社会の到来を想像出来ないのに、想像出来ないからこそ楽しみに待ちわびているのであります。

Etherparty(FUEL)はBinanceで購入可能!

イーサパーティ(FUEL)は日本の取引所では扱っていませんから、海外取引所で購入する必要があります。

おすすめの海外取引所はBinanceです。手数料が安く、使いやすいインタフェースと日本語対応なのがポイントです。

登録方法も紹介しているので、ぜひご覧ください。